488スパイダー デザインとスペック

デザイン

20150203105826

ベースは「ピニンファリーナ」デザインの458。それをフェラーリ・スタイリングセンターが手を加えたのが488になります。

f:id:raoh3:20150203105826j:plain

特徴的なのはサイドのでっかいエアインテーク。賛否両論のようですが、個人的には穴好きなので、458にはなかったエアインテークの復活は大歓迎です(^^ エアインテーク内が2分割されているのも斬新でクールですね。

実は458にもエアインテークをつけるかどうかでフェラーリ側とピニンファリーナでもめたようで、最終的にはピニンファリーナが押し切ったようです。このことが原因で今回はピニンファリーナの降板に繋がった可能性が考えられます。

スペック

■エンジン

型式 90° V型8気筒ターボ
総排気量 3902cc
最高出力 670ps
最大トルク 760Nm

■サイズ & 重量

全長 4568mm
全幅 1952mm
全高 1213mm
乾燥重量 1370kg

大きな変更点はエンジンで4.5V8NAから3.9V8ターボへ。これも賛否両論のようで、個人的にはサウンドのことを考えると断然NA派です。

ダウンサイジングながらターボ化したことでパワーは大幅に増加! 578ps → 670ps 、540Nm → 760Nmに!458スペチアーレ(605ps / 540Nm)をも上回っています。

0-100mは3.4秒から3.0秒に!458でも強烈な加速で何の不満もないのですが・・・(^^;

細かい点ではキーレス・スタートに対応。今時は当然の装備で、ようやくかといった感じです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする